2019年09月14日

【玉の輿に乗った専業主婦の生活の実態】


みなさんこんばんは
旦那様が友人と食事会に行ってしまったため一人で寂しく夕飯を食べながらブログの更新です

私の旦那様は会社を経営しているので休みが月に1.2日しかなく
土日も一人で過ごすことが多いのでなんです

そもそもみんなが憧れる玉の輿ってなんなのでしょう・・・!


img2_tamanokoshi00001.jpg

検索してみると

玉の輿の言葉の起源をたどれば、江戸時代までさかのぼります。
5代将軍徳川綱吉を生んだ、八百屋の娘である「お玉」の名前に由来する説がもとになっています。
結婚する前は、経済的に恵まれていないかった女性が、高い身分や裕福な男性と結婚し、女性自身も裕福な立場を手に入れる。
これが現代における玉の輿の定義です。

ITベンチャーの社長・医師・弁護士・会社経営者・外資系エリート社員・地主(不動産オーナー)などが玉の輿の対象となってきます。


だそうです!!


そもそも年収のいい旦那様と結婚するだけが女の幸せではないと結婚してからわかった部分が多いのですが・・・


そりゃあ。。。あるに越したことはないですが・・・


私はもともと庶民なため旦那様と金銭感覚が合わず・・・

高級なお食事をいただいても美味しいとしか感じず
高いものとは気づかずに値段のないお寿司屋さんで
一貫2500円のお寿司を気づかずに食べてしまっていることもありました


もちろんお会計は旦那様なので伝票を見ることもなく


一向に食事の金銭感覚が身につかないと旦那様に怒られます


旦那様はヴィトンやフェンディーの洋服をきますが・・・
私は以前から使用しているデパートで購入した服を着てるので
なんだか結婚しても格差があるんです


なのでパーティーやホテルのイベントに行ったときもマナーを知らないのでヒヤヒヤです



あくまでも
私の場合は・・・の話ですので
玉の輿に憧れる皆様はこんなパターンもあるんだよ!程度に受け流してくださいねw


基本私の旦那様は自分のやりたいことや趣味にはお金は惜しみません

旅行やギャンブル・欲しい服などには金額にとらわれずにお金を使いますw

でも、それ以外はケチなので私にはお小遣い以上のものはあまり出してはくれないので普段は玉の輿とはかけ離れた生活です


同じ玉の輿でも宿坊を経営しているお家に行った奥様は優しい旦那様に恵まれて
「お金に困った生活したことないなあーー〜〜ー基本なんでも買ってもらえちゃうよ!」


なんて行っていましたよw


その奥様の出会いも最近流行っているマッチングアプリだったそうですよ

よかったら試して見てくださいね






どうせ狙うなら後者の旦那様をオススメしますよw



でも一つ思うことは普通では(少なくともいまの旦那様と出会わなければ)
自分では見れなかった世界
出会えなかった人
手に入れられなかったものに触れられたり経験できます!!



そこはいまの旦那様に本当に感謝しています


しかしその代償として
悩みが友人と合わなくなったり
同じ生活レベルで遊べる知り合いと出会いにくい

お金で解決する分優しさに欠ける部分が多く寂しい思いもたくさんありました


結婚相手に何を求めるか・・・・
自分でどんな生活を送っていきたいのか・・・

一生に何度もあることではない結婚という一つ道を
自分の幸せのために掴んで下さいね




【関連する記事】
posted by yu-cha at 19:48| 長野 ☀| Comment(1) | 婚活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も玉の輿狙ってます!
Posted by きゃみ at 2019年09月14日 21:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください
商品紹介